NEWS/PRESS

2016.02.08

アフリカ旅行への招待状 ミュベールの16年春は野生のポジティブムード

「MUVEIL(ミュベール)」の2016年春夏コレクションでは、「空想のサファリ」がテーマになっています。実際にはアフリカに足を踏み入れたこともないのに、ガイドブックや資料を頼りにワイルドな大自然を妄...

2016.02.01

サファリパークへようこそ 春夏のMUVEIL KIDSは親子おそろが楽しい

家族で「MUVEIL(ミュベール)」の世界を味わえるラインが「MUVEIL KIDS」。春夏と秋冬という年2度のメインコレクションにいつも合わせて発表されています。その時のシーズンテーマに合わせて、大...

WELCOME TO GALLERY MUVEIL Centering on the world of MUVEIL, we wish to deliver the source of heartfelt inspirations and profound stories that the designer Michiko Nakayama has devoted to creation ...With suvh widh, MUVEIL celebrating its 5th anniversary opened the first concept shop

Muveil

2016 CRUISE COLLECTION
MUVEIL 2016 CRUISE 01
MUVEIL 2016 CRUISE COLLECTION 2
MUVEIL 2016 CRUISE COLLECTION 3

This season’s collection is inspired by “Deyrolle”, a long-established sample shop in Paris, and the garden shop on the ground floor.
In Deyrolle’s salon, a lot of stuffed animals, samples of insects and materials on botany are on display and for sale. Reflecting a history of more than 180 years, this strange space attracts arts and curiosity.
At Deyrolle, the work of “Damien Hirst”, a modern artist, collaging stuffed specimens and chemical colors, was really impressive.
The lace items in chemical colors of yellow, green and pink, which was inspired by his work, suggests color-block coordinates starring the colors.
The satin jackets and knits embroidered just like MUVEIL are inspired by materials on botany and putting the flower illustrations in encyclopedias into their design source.
The image of taxidermy are expressed by the knits embroidered with tiger and military items.
The napoleon jacket using firm material emphasizes its big round brass buttons, embroideries and sharp silhouette.
The style incorporating a balance with voluminous silhouette such as that of tulle skirt is a key to this season.
Having big bijoux and pearls as an accent, the sandals mixed with sport-like details emphasize the originality of MUVEIL in the total styling.

今季は、パリの老舗標本屋「Deyrolle (デロール)」と、その1階にあるガーデン用品店からインスパイアされたコレクション。

デロールのサロンには、沢山の動物の剥製や、昆虫の標本、植物学の資料が展示販売されている。180年以上の歴史を感じさせ、アートと好奇心を誘う不思議な空間である。

デロールでは現代アーティスト“ダミアン・ハースト”の剥製とケミカルな色をコラージュした作品がとても印象的であった。

彼の作品からインスピレーションされたキイロ、グリーン、ピンクのケミカルな色のレースアイテムはその色彩を主役にしたカラーブロックコーディネートを提案する。

ミュベールらしく刺繍を施したスカジャンやニットは、植物学の資料からインスピレーションされ、図鑑のイラストの花をデザインソースに落とし込んでいる。

剥製のイメージはトラの刺繍ニットやミリタリーアイテムで表現。

ハリ感のある素材を使ったナポレオンジャケットは、大きく丸い金釦と刺繍そしてシャープなシルエットを強調させる。チュールスカートなどボリュームのあるシルエットとのバランスを取り入れた着こなしが今季のポイントとなる。

大きなビジューやパールをアクセントに、スポーツライクなディティールとミックスしたサンダルは、コーディネート全体にミュベールらしさを強調させる。

MUVEIL WORK

2016 CRUISE COLLECTION “RANCH & BOTANICAL KEEPER”
MUVEIL WORK 2016 CRUISE COLLECTION 1
MUVEIL WORK 2016 CRUISE COLLECTION 2

This collection is themed on those people who work while taking care of plants and animals. Using as a motif the worldview surrounded by untouched nature and the icons having themes in this season and adding the basic and humor of MUVEIL WORK, it suggests mature everyday wear styles.

<RANCH>
One story from a cow being milked in a pasture in the morning to a carton of milk packaged after that is expressed with the intarsia knit.
It suggest the styling with the thermal difference of material feeling, combined with translucent organdie pleated skirt.
The basic knit, having loose-fitting size despite of its short length, offers a range of colors. Moles and frogs lurking in the soil are turned into catchy mini bags which work as the easer in styling.
For denims, the standard straight jeans, renewed in the same taste reviewing size and silhouette, are also the key to this season.

<BOTANIST>
For intarsia knits, two types were created; one has a little retro-inspired taste with tulips in bloom, lined up in an orderly fashion, designed out of the image of tulips in a well-cared botanical garden and the other has a single tulip on each sleeve, combined with stripes.
The nuanced tulip pattern like water-color painting became a simple cotton dress and a tulip hem skirt.
The standard leopard print knits are introduced in new spring colors.
T-shirts with heart patched pocket came to have feminine details and silhouette with lace docking type, flared type, etc.
The spring coat with flared hem on the back, which looks as if designed in the image of flower petals, blousons, cutwork lace materials, etc. makes a lineup to welcome the beginning of spring in a happy mood, putting flower motifs into the materials and details.






 
 

植物や動物の世話をしながら働く人々をテーマにしたコレクション。ありのままの自然に囲まれた世界観と、今季テーマ性のあるアイコンをモチーフとして使用しながら、ミュベールワークらしいベーシックとユーモアさを加え、大人の日常着を提案。

<RANCH>
放牧地で朝から乳絞りをされているウシと、その後にパックの牛乳になるまでをワンストーリーとしてインターシャニットで表現。透け感のあるオーガンジーのプリーツスカートを合わせ、素材感の温度差をつけたスタイリングを提案。ベーシックなニットは、ショート丈ながらもゆったりめのサイジングで、カラーバリエーションをつけて展開する。土の中に潜むモグラやカエルは、キャッチ―なミニBAGにし、コーディネートのはずしアイテムに。
デニムは定番のストレートを、サイズやシルエットの見直しを行い、雰囲気はそのままにリニューアルさせているのも今季のポイントになる。

<BOTANIST>
インターシャニットは、きれいに手入れされた植物園のチューリップのイメージから、整列して規則正しく咲き並んだ、少しレトロな雰囲気を持ったものと、袖に1輪ずつ配しボーダーと組み合わせたものの2タイプを作成。水彩で描いたような味のあるチューリップ柄は、シンプルなコットンドレスとチューリップヘムのスカートになった。
定番のレオパードプリントニットは、春らしい新色で展開。ハートパッチポケットTはレースドッキングやフレアタイプなど、女性らしいディティールやシルエットになった。
花弁をイメージしたようなバックフレアヘムのスプリングコートやブルゾン、カットワークのレース素材など、フラワーモチーフを素材やディティールなどへ落としこみながら、春の始まりを楽しい気持ちで迎えるラインナップとなっている。

<COLABORATION ITEM>
Buddy: 「Make happy」をコンセプトにお客様から長く愛される「相棒(BUDDY)」となるような商品を作成しているブランド。今回のコラボは、スリッポンタイプをベースに、型抜きしたフラワーパーツを配し、テーマ性も併せ持った1足になった。

SOLIDO:ボトムスを中心としたアイテム展開からスタートし、世界でもトップクラスの染色・加工・縫製で、計算された脚線美を生み出すと同時に、履き心地の快適さと見た目の美しさを兼ね揃えた大人のパンツを提案しているブランド。2度目のコラボレーションは、デイリーに使いやすくキレイさも持ち合わせた度詰めの天竺と、ニットデニムの2素材で新しくサロペットタイプも含めた計3型。

ONLINE SHOP

SHOP INFORMATION GALLERY MUVEIL Chateau TOKYO Minami-Aoyama B1F Minami-Aoyama Minato-ku Tokyo 107-0062 JAPAN OPEN 11:30-20:00 PHONE 03-6427-2162

GALLERY MUVEIL

Centering on the world of MUVEIL, we wish to deliver the source of heartfelt inspirations and profound stories that the designer Michiko Nakayama has devoted to creation… With such wish, MUVEIL celebrating its 5th anniversary opened the first concept shop “GALLERY MUVEIL” in Aoyama, TOKYO. A basement of the pleasant vintage apartment prevails a gallery-like space where is structured through keywords, such as MUVEIL,  MUVEIL WORK, WEDDING, VINTAGE, and BOOK. The gallery delivers originally selected and edited surprises by MUVEIL, such as clothes, accessories, books, arts and plants beyond brand boundaries. Its interior designer is Koichi Futatsumata of “CASE-REAL”, the design studio based in Fukuoka. Simple yet industrial image of the fixtures are fused with various materials. In the space where those fixtures and different individualities are intermingled, please enjoy exhibitions presented by MUVEIL.

MUVEILの世界観を軸にしながら、デザイナー中山路子のクリエイションに込めた奥深い物語や心に響くインスピレーションの源をお届けしたい…。そんな願いをこめて、ブランド創設5周年を迎えたMUVEIL初のコンセプトショップ「GALLERY MUVEIL」が、南青山に誕生しました。<br /> 趣のあるヴィンテージマンションの地下に広がるのは、MUVEIL・MUVEIL WORK・WEDDING・VINTAGE・BOOKなどをキーワードに構成されたギャラリーのような空間。ブランドの枠を越え、お洋服やアクセサリー、ブック、アート、グリーンなど、MUVEIL独自の編集・セレクトによるサプライズを発信していきます。<br /> 内装は、福岡を拠点に活動するデザイン・スタジオ「CASE-REAL」の二俣公一氏がデザイン。シンプル且つインダストリアルなイメージをベースに、異素材を融合した什器、異なる個性が交錯する空間で、MUVEILプレゼンツのエキシビションをお楽しみください。