NEWS/PRESS

2016.07.22

チェンマイ写真展をGALLERY MUVEILで開催 グランマチャームもタイ版登場

「MUVEIL(ミュベール)」とご縁の深い写真家に角田明子(つのだ・あきこ)さんがいます。以前もサンタクロースをテーマにした展覧会を、東京・南青山のコンセプトショップ「GALLERY MUVEIL(ギ...

2016.07.15

プレフォールのお薦めシューズ&バッグ パール付きブーティやファーサンダル、花モチーフバッグ

一昔前は夏のうちに買った秋物を寝かせておいて、秋を待ったものです。でも、季節感にしばられない「シーズンフリー」という発想がおしゃれを一段と自由にしてくれました。売り出されているアイテムは、既にその時点...

MUVEIL
GALLERY MUVEIL Centering on the world of MUVEIL, we wish to deliver the source of heartfelt inspirations and profound stories that the designer Michiko Nakayama has devoted to creation ...With suvh widh, MUVEIL celebrating its 5th anniversary opened the first concept shop
MUVEIL WORK

Muveil

2016 pre-Fall "West dreams East (Japan)"
2016 MUVEIL PREFALL COLLECTION 01
2016 MUVEIL PREFALL COLLECTION 02
2016 MUVEIL PREFALL COLLECTION 03

The image source of MUVEIL’s 2016 pre-fall collection is “Japan from Western viewpoint”. It’s not just another Japonism, but it presents Japanese sense rather in the aspect of aesthetic consciousness. Adopting the beauty of handiwork with embroideries and laces is also the expression of Japanese taste that is typical of MUVEIL which focuses on details.
A subtle “wa (Japanese-style)” is carried in the motifs and colorations unique to Japan. It’s adorned with patterns of Japanese elements, such as swallows, hydrangeas and dragonflies. With water colors associated with the sea, dusty mint, lacquer-tone glossy black, etc. as key colors, we tried mysterious color matching.

It became further like haute couture, offering a maturer mood. Decorating waist and hem with bijoux and ruffles, it also proposes lingerie-style inner camisoles. Cut low in the back, its presentation with the dramatically different front and back also draws stares.

Outer wears are of a novelty, tailoring the upper-body a little bit oversized while playing with the silhouette. Examples include knitted long jackets and cocoon-style coat jackets. Blousons with balloon sleeves also boosted up the form in a rhythmic way.

A new creation line will be born. In the 2016 pre-fall collection with 10 patterns, men’s wears were disassembled and reassembled for women’s. Details unique to men’s were also emphasized. For shirts, fabrics of “CANCLINI”, the prestigious shirting manufacturer founded in 1925 in Italy, were adopted. The mannish collar design brings out the outfit in a gallant manner. The military-style outer wear decorated with pleats on the back was designed with a consciousness of gimmicky structure. The blouson with big silhouette also leads to a lady-like look while taking on men’s taste.

The creation line’s theme varies seasonally. What we are strongly conscious of is “new standard”, something you can have a long-lasting attachment for and you unconsciously wear a lot. That’s why they were tailored with a particular focus on high quality materials and the ease of moving your body. The reason it adopts reversible and multi-way wears is also because it values the universal position unconstrained by season or time. Its “playfulness” carried by details and witty expression take after its main line, MUVEIL.

「MUVEIL(ミュベール)」の2016年プレフォールは「西洋から見た日本」がイメージソース。それは、ありきたりのジャポニズムではなく、むしろ美意識の面で日本的な感覚を打ち出している。刺繍やレースで手仕事の美を取り入れているのも、細部にこだわるミュベールらしい日本風味の表現だ。

日本固有のモチーフや色使いにひそやかな「和」を宿した。ツバメやアジサイ、トンボといった日本的な柄をあしらっている。海を連想させるウォーターカラー、くすんだミント、漆調のつやめくブラックなどをキーカラーに、ミステリアスなカラーマッチングを試した。
クチュール感が濃くなり、大人ムードが深まる。ビジューやフリルで腰や裾周りを飾り、ランジェリー風のインナーキャミソールも提案。背中が大きく開いた、前後で見栄えがドラマティックに異なる演出も視線を誘う。

上半身はオーバーサイズ気味に仕立てつつ、シルエットで遊ぶアウターが目新しい。ニット仕様のロングジャケットや、コクーン風のコートジャケットがその一例。バルーン袖のブルゾンもフォルムをリズミカルに弾ませた。

新しいクリエーションラインが誕生する。10型を用意した2016年プレフォールではメンズ服を解体し、ウィメンズに再構築。メンズ特有のディテールも重視した。シャツはイタリアで1925年に創業した名門シャツ地メーカー「CANCLINI(カンクリーニ)」社の生地を採用。マニッシュな襟デザインが装いを凜々しく引き立てる。背中側に裾にプリーツを施したミリタリー風アウターはギミックなこしらえを意識した。ビッグシルエットのブルゾンもメンズ風味を帯びつつ、レディーライクな着姿に導く。

クリエーションラインのテーマはシーズンごとに変わる。強く意識しているのは、長く愛着を持てて、出番が自然と多くなるような「新スタンダード」。素材の上質感、身体の動かしやすさなどにこだわって仕立てている。リバーシブルやマルチウェイを取り入れているのも、季節や時間に制約されない自在の立ち位置を重んじているから。細部に宿る「遊び」や、ウイットに富んだ表情はメインラインのミュベール譲りだ。

これまで独立ブランドとして展開してきた「MUVEIL WORK(ミュベール ワーク)」はメインラインのミュベールと合流する。機能性を備えたベーシック寄りのアイテムを軸に、ミュベール内の日常的なリアルクローズとしてコーディネートの幅を広げる存在に変わる。これに伴い、今後はミュベールと新クリエーションラインの2ラインでの展開となる。

CREATION LINE

2016 PREFALL COLLECTION
CREATION LINE PRE FALL COLLECTION 01
CREATION LINE PRE FALL COLLECTION 02
CREATION LINE PRE FALL COLLECTION 03
CREATION LINE PRE FALL COLLECTION 04
CREATION LINE PRE FALL COLLECTION 05
CREATION LINE PRE FALL COLLECTION 06

ONLINE SHOP

SHOP INFORMATION GALLERY MUVEIL Chateau TOKYO Minami-Aoyama B1F Minami-Aoyama Minato-ku Tokyo 107-0062 JAPAN OPEN 11:30-20:00 PHONE 03-6427-2162

GALLERY MUVEIL

Centering on the world of MUVEIL, we wish to deliver the source of heartfelt inspirations and profound stories that the designer Michiko Nakayama has devoted to creation… With such wish, MUVEIL celebrating its 5th anniversary opened the first concept shop “GALLERY MUVEIL” in Aoyama, TOKYO. A basement of the pleasant vintage apartment prevails a gallery-like space where is structured through keywords, such as MUVEIL,  MUVEIL WORK, WEDDING, VINTAGE, and BOOK. The gallery delivers originally selected and edited surprises by MUVEIL, such as clothes, accessories, books, arts and plants beyond brand boundaries. Its interior designer is Koichi Futatsumata of “CASE-REAL”, the design studio based in Fukuoka. Simple yet industrial image of the fixtures are fused with various materials. In the space where those fixtures and different individualities are intermingled, please enjoy exhibitions presented by MUVEIL.

MUVEILの世界観を軸にしながら、デザイナー中山路子のクリエイションに込めた奥深い物語や心に響くインスピレーションの源をお届けしたい…。そんな願いをこめて、ブランド創設5周年を迎えたMUVEIL初のコンセプトショップ「GALLERY MUVEIL」が、南青山に誕生しました。<br /> 趣のあるヴィンテージマンションの地下に広がるのは、MUVEIL・MUVEIL WORK・WEDDING・VINTAGE・BOOKなどをキーワードに構成されたギャラリーのような空間。ブランドの枠を越え、お洋服やアクセサリー、ブック、アート、グリーンなど、MUVEIL独自の編集・セレクトによるサプライズを発信していきます。<br /> 内装は、福岡を拠点に活動するデザイン・スタジオ「CASE-REAL」の二俣公一氏がデザイン。シンプル且つインダストリアルなイメージをベースに、異素材を融合した什器、異なる個性が交錯する空間で、MUVEILプレゼンツのエキシビションをお楽しみください。